【工事中建物を紹介 ロイヤルハウス江南店】

ロイヤルハウス江南店 愛知県江南市宮田町南野東17番地
萩島建築有限会社
Tel 0587-58-7602
TOP商品ラインナップ新築施工例リフォーム耐震補強不動産見積依頼資料請求会社案内

工事中建物の紹介
 建物の概要 木造平屋建て 小屋裏収納付き住宅
述べ床面積:85.75u(25.88坪)
施工面積:135.25u(40.83坪)
屋根:ガルバニウム鋼板平葺き
外壁:ガルバニウム鋼板貼り
 工事場所 小牧市間々原新田地内
 平成26年5月1日 基礎工事が終了し土台伏せをしたところです。
土台は全て檜の無垢材を使用し防腐防虫処理を行っています。
一般的な土台材に比べると耐久性に優れています。
 平成26年5月6日 上棟前の準備です。
大引き材の下に仮の鋼製束を取り付けています。
この段階では仮取り付のみで後日微調整しながら本取り付けします。
 平成26年5月8日 上棟日の様子です。
当社で依頼しているクレーンは鞄結桙aKが所有している特殊クレーンです。
電動式で騒音も無く逆L型なので材料を正確に所定の位置まで移動させることができます。
また、建て方作業は同社の専属上棟メンバーと当社の大工が行っているので手際がよくスピーディーです。
写真は上棟当日10時頃撮りました。
 平成26年5月12日 建て方が終了し屋根の防水ルーフィング張りや柱・土台に二度目の防腐防虫処理が終わったところです。
当社では防腐剤塗布は2回塗布しています。
 平成26年5月13日
 柱・すじかい上部耐震金物取り付け状況  柱・すじかい下部耐震金物取り付け状況
 平成26年5月18日 外壁に耐火ボードを貼りました。
屋根はガルバニウム鋼板平葺きになっています。
因みに、屋根材は長尺材を使用しているため継ぎ箇所は全くありません。
 平成26年5月22日 床下断熱材を取り付けた状況です。床下断熱材はビーズ法ポリスチレンホーム材を使用しているので優れた撥水性が内部結露を防ぎ断熱効果を持続します。外壁部の断熱材にはロックウール材を使用しているので一般に使用されているグラスウール材に比べると断熱性においてはるかに優れています。
 平成26年5月27日 外壁にロイヤルハウスオリジナル透湿性防水シートを張りました。
 平成26年5月30日 床のフローリング材を貼っているところです。接着剤はかなり使います。
 平成26年5月31日 
外壁にも耐久性に優れたガルバニウム鋼板の長尺材を貼りました。 小屋裏収納庫に上がって行くための天井収納階段を取り付けたところです。
 平成26年6月2日 システムバスが取り付けられました。サイズは1818でかなり広いです。内部の紹介は後日掲載します。
 平成26年6月3日 天井断熱材を取り付けたところです。壁の断熱材と同様にロックウール材を隙間無く張り詰めてられています。
平成26年6月7日  
 天井と壁の耐火プラスたーボードを貼り終えました。
厚さは12mmの材を使用しています。
 屋根裏内の排気ダクトの取り付け状況です。
電気配線の処理がスッキリしていていつも感心しています。
小屋裏収納庫の様子です。天井高さは建築基準法の最大高さである1m40です。広さは20帖あります。 小屋裏収納庫内からの点検口(写真奥)と天井階段(写真手前)です。
平成26年6月11日 クローゼット内部の下地取り付け状況です。
 平成26年6月12日
 ウッドデッキを設置するための下地準備の工事中です。
平成26年6月26日  
クロス張り工事が終了しました。
引き戸は全て上吊り式なので開閉が楽です。
引き戸用クローザーとブレーキシステムが付いているからです。
 対面キッチンの様子。
キッチンドアの外側には ウッドデッキを設置します。
中廊下に設置された天井階段の様子です。
 平成26年7月16日
 ウッドデッキを設置しました。  工事完了
TOP
TOPに戻る

良い家を建てるロイヤルハウス江南店
江南市や一宮市、犬山市周辺で不動産物件の情報提供から住宅の新築やリフォーム・増改築・耐震補強工事を行っています。
Copyright (c) 2010 Hagishima Kenchiku Co.,Ltd All rights reserved